現代社会を健康に生き抜く秘訣とは

昨今、巷には様々な健康に関する情報が溢れていて、どれを選択すれば良いのか迷ってしまうほどです。この度は、その中でも信憑性があり、比較的実践をしやすい知識を何点かに分けてご紹介したいと思います。

1.食事に気を使う

食事

野菜、穀物の持つミネラルで体内解毒を行う

繊維質は排便のかさを増し、いらないものを外に出す力が上がります。老廃物を身体に溜めないことで、不必要な毒素の身体への循環を防ぐことができます。

良質な油の摂取を摂取する

油は細胞の原料になるものです。細胞の健やかな活動を期待するなら、油の質にこだわりましょう。

酸化した質の悪い油は、細胞の活動を低下させることに繋がり、まれに細胞の癌化を招くことになってしまいますので注意しましょう。

化学物質から身を守る

見えないけれど、長年にわたり体内に蓄積された化学物質の及ぼす効果は絶大なもの。アレルギー、アトピー疾患、やはり癌その他あらゆる不調と病気を招きます。

食品の保存期間を延長したり、見た目の発色を良くするために使われていることが多く、バス用品や化粧品、台所洗剤など、日常的に使われるものの原料としてスーパーやコンビニに溢れかえっています。日々の買い物には、成分表のチェック等を行い、注意をはかりましょう。

以上の事柄を踏まえた上で、不要物の排出、栄養素の摂取のバランスを判断し、足りない部分をサプリメント摂取で補うことも有効です。

2.睡眠時間の確保

睡眠は、身体のダメージを修復させます。水と栄養然り、生物の活動に欠かせない行為です。

もちろん脳内を休めることにもなり、眠っているうちに思考が整理されることにより、日中のパフォーマンスも向上します。

3.ストレスから身を守る

ストレス
現代社会では、個々がある程度のストレスに晒されています。必要以上のストレスは身体に毒ですので、回避する方法をいくつか用意しておくことで自衛することが可能です。

笑う

積極的に笑う機会を作ることは本当に大切で、ストレス回避に好都合です。笑うことでNK細胞活発化し、癌を予防する働きがあることは特に有名な話です。

自身の考え方の癖をチェックする

自分の信念により同じ事柄でも捉え方が違うので、他の人にとって何でもないことが自分にとってストレスになっている場合も十分に考えられます。

偏った思考で自分を追い詰めていないかチェックすることは、心身の健康を守るために、実はとても大切なことです。

ここまで、健康に繋がる知識についてご紹介してきましたが、このような知識に頼り切らず、自分で調べ、自立した考えを持つことが最も重要です。

「自分の健康は自分で守る」

あえて言うならこの一言に尽きます。先にご紹介した知識だけでなく、自分に合うセオリーは何なのかを常に興味を持って調べ、実践をしてみる気概があれば、この先長く健康を維持できることでしょう。