『かしこく摂りたいDHA&EPA』で身体と頭、毎日健康

かしこく摂りたいDHA&EPA
EPA(エイコサペンタエン酸)と、DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸は、LDLコレステロールや中性脂肪を減らし、HDLコレステロールを増やすという非常に優れた作用を持っています。

EPAとDHAはどちらも生活習慣病の予防に効果を発揮したり、並べて記述される事が多い為、同じような成分だと考えている人も多くいますが働きかける場所や効果には若干の違いがあります。

DHAの働きには血管や赤血球の膜を柔らかくし血流を良くしたり動脈硬化の予防に効果があります。EPAは血小板に作用して血栓症の抑制を助ける効果があります。

DHAとEPAは摂取されるとどちらも小腸で吸収され、肝臓を通り血液に入ります。そしてEPAは血液に作用し血栓や中性脂肪を減らす効果を発揮します。

DHAは血液に乗って脳まで送られ血液脳関門も通過し神経系の細胞や脳、血液網膜関門を通り網膜まで送られ、記憶力や学習能力の向上、視力を良くするなど神経系の活動を助けます。元気な毎日に必要なEPA、知的な毎日に必要なDHAとはこの事を簡単に伝えた言葉です。

EPAとDHAはどちらも血小板凝集を抑える働きを持っていますが、EPAは主に男性、DHAは主に女性の血小板凝集に働きかける力が強いようです。

EPAとDHAはもともとは身体の中にありますが、年齢を重ねるとどんどん減少してしまいます。身体で作りだす事が出来ないので、食事やサプリで補う事が必要になります。

主に青魚に含まれる成分として有名ですが、近年ではさまざまな研究から魚の餌となる「海藻」やプランクトン、ユーグレナ、などに多く含まれている事が分かって来ました。

毎日青魚から摂取するのは、大変な事ですし、不飽和脂肪酸は酸化しやすい性質を持っているので、新鮮なお魚を出来るだけ生で摂るという条件もありました。

いくら健康な身体や頭に良い成分でも毎日新鮮な青魚を生でとなると難しい問題ですね。さらにお魚嫌いな人には苦痛でしかありません。そんな問題を解決したのが、「海藻」魚臭くなく、飲みやすい海藻由来のDHAとEPAで、健康で知的な毎日を送ってみませんか?